携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

(2) 任意整理の手順

  • 任意整理の一般的な手順を教えてください

  •  
  • 債権者委員会の設置
    (1) まず、債権者集会が開催され、債務者による経営断念の意思が表示され、任意整理を運営する機関として大口債権者を中心とした債権者委員会が設置されます。
    (2) そこで、任意整理の基本方針が確認され、さらに主宰者としての債権者委員長が選任されます。
    (3) 債権者委員長には、大口債権者が選任されることが一般的ですが、弁護士等の第三者が選任されることもあります。
  • 配当
    (1) 債権者委員長は、債権者の個別の強制執行等を排除するため、債務者の資産を自己の名義に移して、その換価を進め、配当を行います。
    (2) 配当に際しては、債権者集会を開催して債務免除ないし弁済猶予等権利変更の決議をするか、配当時に債権放棄の同意書を求めているようです。
    (3) ただ、任意整理の性質上、手続に参加しない債権者には、債務免除等の効力は及びません。
  • 再建計画の策定 メインバンクを中心とした金融機関など大口債権者との交渉により、再建計画が策定されることがあります。再建計画の内容としては、債務者がリストラにより事業の収益性を高めつつ、債務の弁済猶予や一部免除、さらにデット・エクイティ・スワップ等が行われます。この場合、新しい経営陣が大口債権者から派遣されることもあります。